塾長からのご挨拶〝こんにちは塾長の武藤拓生です〟




武藤拓生 塾長

 

21世紀に活躍する子供たちをバックアップする!!


 はじめまして。「マップ教育センター・砂町教室」塾長の武藤拓生です。
 「マップ教育センター」は、上記のコンセプトを具体化すべく1998年の春に江戸川区(西葛西 5−5−7 STYビル)で設立開校されました(塾長・大嶋秀樹)。設立から今日に至るまでの間、教育現場の最前線では主要科目の内容3割削減、完全週5日制など「ゆとり重視」の新学習指導要領導入(2002年)という劇的な変動が起こりました。ところが、学力低下の批判を浴び、導入後わずか2年足らずで見直されることに…。そして「確かな学力」をキーワードに、要領の範囲を超える「習熟度別・補充的・発展的学習」を容認する、事実上の学力重視の要領改正へと路線変更がなされました。2008年に告示された新学習指導要領では授業時間が増え、段階的に土曜授業も実施されています。そして現在、再び「学校週6日制」復活に向けての検討に入り、日本の教育現場は依然として変革の真っ只中で試行錯誤が続いている状況です。

 

 しかし、「マップ教育センター」は設立当初からの方針通り、あくまでも反復練習による基礎学力の定着を基に「理解・記憶・解ける」といった喜びを重視した授業を実践しています。特に、砂町教室の小学部の授業では、算数を「算遊(さんゆう)」「算友(さんゆう)」と称して計算と図形に慣れ親しんでもらうための学習カリキュラムを導入し、また、国語を「表現力(ひょうげんりょく)」と称して読み書きの土台をきっちりと学びます。このような基礎力の定着は、必ず応用力の習得へと結びつき確実に学力をステップアップさせていきます。
 さらに、中学部授業では、その日の学習の復習や生徒の要望に応じた他科目学習時間「AL(アドバンスト・ラーニング)」を設けることで、徹底した反復学習によって記憶をしっかりと定着させ本物の学力を身につけることができます。そして、その延長線上に位置するのが受験であると捉えています。したがって、あたかも塾の勲章であるかのように難関校合格者の数を競い合い、宣伝することによって、塾の知名度を上げるようなことはしておりません。あくまでも合格結果は、本人の努力の成果であり、生徒一人一人の夢実現への第一歩であると認識しています。とはいえ、受験を軽視するわけではありません。自己実現を確立させるために、モチベーション教育からスタートし、少し難しいと思える目標を掲げ、それに向かって気持ちよく学習できる環境作りを心がけています。

 

 さて、私の自己紹介に移りますが、2002〜2011年度までの10年間を大嶋秀樹塾長のもと西葛西教室で、また2012年度に千葉県で西白井教室を立ち上げ、日々生徒たちと向き合い塾講師としてのキャリアを積んできました。そして、このたび、砂町教室を開校するに至りました。「マップ教育センター・砂町教室」も、他の教室と同様に壁やドアなどで完全に仕切られていないノビノビとした学習環境になっており、それは、子供たちにゆとりを与え学年や年齢の枠を越えた交流にも役立っています。さらに、土曜日も教室を開放し授業日以外でもテスト勉強に利用したり、自主学習を進めたり、タブレット端末を使用することも可能です。私とマップOB・OG講師たちが、今までの経験と実績を踏まえ、入会から卒業まで責任を持って授業運営にあたります。「21世紀に活躍する子供たちをバックアップする」というコンセプトを基に、子供たちが卒業してからも気兼ねなく足を運んでもらい、様々な形でのつながりを保ち続けられるよう惜しみない努力を続けてまいります(西葛西校卒業生/19年間で約670名)。

 



〜 マップ教育センターの授業では、タブレット端末や映像を活用した学習も取り入れています 〜

 





「無料体験授業」の受付けをしています!!

体験授業で「マップ教育センター砂町教室」の雰囲気やカリキュラムをぜひ実感してください。小学部・中学部ともに、生徒個々人の学習スタイルや夢に見合った〝本物の学び〟のプランを一緒に考えましょう。受付けは、下記の『アクセス&お問い合わせ』ページをご参照ください。

※使い慣れた筆記用具をご持参ください。





アクセス & お問い合わせプライバシーなど出版物西葛西教室トワードアカデミー(旧・西白井教室)


小・中・高クラス学習塾 マップ教育センター 砂町教室
〒136-0074 東京都江東区東砂 4-14-13/1F
TEL. 03-6458-4543

© MAP kyoiku center